September 16, 2007

輝け!TKBアワード2007

どうリアクションして良いか解らない表題ですみません。
以前にも書いたとおり、マスオのリアルすぎるTKBはレジェンドになるべき物。そう信じて疑いません。

マスオのTKBは白い人も吸ったり舐めたり甘噛みしたりと大絶賛
TKB貴公子・マスオ













TKBにおいては色とか形は非常に重要。
特にマスオの左TKBがオススメ。もう何と言いますかフェスティバル。

鍛え上げられたイイ躰に咲いた一輪の花のようなTKB…ええ、正直癒しさえも感じたりしています。この物騒な現代社会に、マスオのTKBは爽やかな風を運んでくれるのです。

神のTKBを持つ男・スカオ
TKB王・スカオ御大













インパクト加減で言いますと、"オイルで目覚め、ペリコロで開花"したスカオには負けてしまうのかも知れません。しかし、そんなスカオ御大や癒しの申し子であるマスオの上をいくTKBを持つものを発見しました。

TKBマニア必見でございます。
※ここから続き※

その名はカピ。高原地域に生息中。

きゅぅっ…!
…勝てない













………

落ち着いて下さい。落ち着いて下さい。投石禁止。
いえ、「だから何」と言われたら、それまでかも知れません。
ですが、これを発見した時、何とも言えない思いになりました。ええ、割れ地で呆然。TKBに唖然。マニア心を擽る"チラリズム"を追求したと言いますか、計算し尽くされたと言っても過言ではない、カピのTKB半だしに驚きは隠せませんでした。これぞ正しく匠の技。

皆さんも高原にお立ち寄りの際はカピに注目して下さい。
愛らしい「きゅぅ」って鳴き声よりも、スタイリッシュなTKBに釘付けになる事間違いなしかと思います。

結論:TKBと11回も書いてごめんなさい。

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。