September 27, 2006

ストライの実用性

忙しくて閉じていたコメント欄ですが、10月上旬にでも復活させる予定です。
そんな感じでお知らせでした。

---------------

マスオおちりSSで失礼します。趣味です。

おちり













普段よりストライを愛用中でありますが、以前から気になっている後ろのスリット部分。ここに果てしない興味が湧いています。もわもわと湧いています。

これまでも「ストライをお召しになったマスオはおちりふりふり」とかスペースクラスの勘違いを堂々と熱く書き、皆様から「してません、見えません」と鼻で嘲笑れ一蹴されたりしたものですが、私はどのような勘違いもいかにもな理由をつけ叫んでいきます。もう諦めて下さい。

ここから先の文章はやや腐向です。
マスオの名前は右側に来ると思っている方のみどうぞでございます。左側に来ると思っておられる方には面白くもなんともありません。
※ここから続き※

それにしても、ストライって何と素晴らしき実用的デザインでしょう。
とは云え、一般的にはニーリングの際や普段の足捌きの邪魔にならないようにとか、きっとそういう事になると思うのですが、個人的にはそうじゃないと思っています。
両端がくるくるっと留められている辺りにも、マスオの相手への愛と気遣いを感じます。

結局、何が言いたいのか。きっと、このスリットはYESでNOな枕の役割をしているのではないかと、私は考えます。
例えばくるくるな部分が外され、暖簾のような状態になっているなら「ごめんなさい」普段のように開かれた状態ですと「ウェルカム、挿ってね」…素晴らしきストライでございます。そして、GE内では常にウェルカムなマスオ。エロス即ち愛。そりゃWIZのフォトンも透明だったり白くなったりして当然です。

どのような理由があれど、実用的デザインに間違いありません。
同時に今引き潮のようにブラウザを閉じた方がおられたのも間違いありません。

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。