August 25, 2006

蔦絡マル胸ヘ茨ノ杭デ止メヲ刺ス

お昼こそこそ更新。
リンクにLittle Chelicaさん(ペリ)追加しました。やや女性向。相互リンクです。やっと管理人さんからお許しが出たので、がつんがつん張らせて頂きました。マスオの輪が広がって嬉しいです。もひもひ。
-----------------------
残暑を吹き飛ばすWIZマス中途半端短編。WIZ視点。マスオ不治の病持ち。全年齢対象の防腐剤に負けない女性向。段落入れてませんので、少々読み難いです。
ここでこういうの載せるのは最初で最後ですが、カプが逆の方、苦手な方はスルーでお願いしマスオ。








彼に対し、愛しさを声で紡ぐ事は決して無い。
いや、紡げないと云えば良いのか。
全てを曝せば、きっと私の前から姿を消す。そう強く確信していた。
彼を失いたくない恐怖と自身が崩壊れるかも知れぬ事を天秤にかけ、日々過ごしてきた。

だが、喉の奥へ押し戻された言葉の数々の半分は溜息となり零れ、残った破片は息絶える事なく左胸で蔦となり絡ませ続ける。日増しに締め付ける力が強くなる中、この感情が禁忌と理解りながらも、それでも尚、その存在を愛す事を止めようとはしなかった。

彼の麗らかな陽射しを連想させる金の髪と蒼く澄んだ瞳。
全てが私自身とは異なり、薄暗い漆黒へと光を齎す存在だった。
冷たい闇―私―は温かな光―彼―を欲する。しかし、狂おしいほど焦がれた光は、何時からか、私が持つ闇とは別の闇―死―への道を密かに突き進んでいた。

命の期限を聞く事も、愛する事も言えないまま、日々は過ぎ去る。
彼自身は病について、隠し通せているつもりだったようだが、自分の命同様とさえ云える長銃を苦しげに担ぐ痛々しい姿に、私は幾度も心を抉られる錯覚を抱いていた。



「また血が出てるぞ」
「ん?ああ、さっき口の中を切ったからな…」
彼の苦しい言い訳を、何度聞いた事か。
まるで何事も無かったように、平然と重ねられる嘘。それは光を闇へと生まれ変わらせる序章でしかない。

少しやつれた感のある頬から緋が滲む唇の端へ、私の指は降下を試みる。
「!…おい、手袋が汚れてしまう」
「構わん」
「良くない」
「構わないと言っている」
今の今まで彼の中に流れていた鮮やかな緋が、白い指先を染め滲む。何時しか体内にある残りの緋も流れを止めてしまうのか。不意に触れた柔らかな唇さえ、近い未来にその感触を変える日が来るというのか。
様々な想いが交差する中、私は強く激しい衝動に駆りたてられた――。

「!?」

このSSがたまらなく好き















薄っすらと開いた視界の先にある、大きく開かれた瞳は翳りを見せ始める。今まで一度たりとも見た事の無い色に、私は触れ合っていた温かな唇と惜別し、小さな溜息を漏らした。
「ッ…私を軽蔑するか…?」
「…………」
こちらの問いに、彼の噤まれた唇が開かれる事はなかった。
私は虚無を抱えたまま、恐怖と崩壊が同時に訪れるの待つしか術が無い。先程の余韻を僅かに残す口内に広がる錆びた味を感じながら、彼との乖離が近い事を予感していた。

暫しの沈黙の後、彼は音も無く静かに立ち上がると、私の手を払いのけ、俯いていた顔を天に向け静かに小さな声を漏らした。
「軽蔑はしない。だが、もう一緒にはいられないな…」
一瞬だけ見る事が出来た蒼い瞳は、この大陸へ来た際、二人が初めて出逢った場所にあった海の水面のように微かな揺ら



…すみません。よく解らない内容な上、何か境界線越えそうなので、途中ですが終わります。
SSのWIZがアルバですが、アルバって手袋ありません。ほろり。

トラックバックは許可されていません。

この記事へのコメント

あぁ…いい所でしたのに!
マスオん不治の病…そうだったのか…
これから長銃かついで走るマスオの姿見たら泣いちゃいそうですよ
(しかも遅れて付いて来たりするからなおさら:泣)
なにか植えつけられてしまいましたw
1. Posted by もずく酢 at August 25, 2006 16:22
もずく酢さん>
あわわわわ…こっちの記事にまでコメントををををチチチビりそうですすす(どもり過ぎ)。
ご親切にありがとうございますー
あ、このまま行くと、抱いてやる今夜になりそうだったので止めました(笑)。

受側病気持ち→死亡設定に激しい萌えを感じるもので、こんな事に。
うわん!何かを植えつけてしまってすみません(笑)。
2. Posted by いばら at August 25, 2006 23:30
(*゚д゚)!短編が・・・!

あわわわいいところで・・・!
マスオの設定は・・・アレですね、アレ・・・(何)
うわん・゚・(ノД`)・゚・マスオ・・・!!
今度会う時にはマスオに抱きついてわんわん泣いてしまいそうです( ノノ)きゅぅっ

唐突ですが、姫宮さんの撮るSSのアングルが凄く好きです(ホント唐突ネ
3. Posted by 潮海 at August 25, 2006 23:44
ぐすん泣いていいですか?(もう泣いてるじゃん)
マスオー。・゚・(ノД`)・゚・。

報われない悲恋っぽさが涙を誘います〜(TwT。)
SSのアングルもベストアングルでさらに雰囲気が高められて切なさがさらに上昇です><

4. Posted by Jewel at August 26, 2006 01:18
潮海さん>
読んで下さってありがとうございます(感謝)。
中途半端ですみません(涙)。WIZマス的アクロバティックナイトを阻止してみました。
あ、マスオの設定はアレです(謎)。
今度会ったら熱い抱擁で、是非受け止めてやって下さい!もれなく吐血プレゼント(死)。
SSですが、直球すぎる物より雰囲気漂うほうが好きなのですよー
上のように吐息&体温を感じられるようなSSは特に好物だったりします。

Jewelさん>
読んで下さってありがとうございます(感謝)。
JewelさんマスWIZお好きなのに!突貫された事に少し驚いてみました。
私の中で悲恋はベーシックなネタだったりするので、常にどんより暗いです(涙)。
どれだけ好きなカプでもそうします。少し変わり者です(苦笑)。
実はこのSSを見ていて、この話を書きたくなりました。
このSSの二人を文章でカタチにしたいなって…そしたら中途半端に終わりました(爆)。
5. Posted by いばら at August 26, 2006 03:42

コメントする。

絵文字
 
星  顔