June 28, 2006

キメラ・恋におちて

地蔵のように寝て、早朝バズーカな顔で起床した昨日――。
ブログ更新した後、INしてみましたら…友人は起きていました。
何か言わなくっちゃ!ちゃんと言わなくっちゃ!「ぼんじゅーぼんじゅー」「うん、おはよう。ブログ見た。気にするな。マイフレンド」と言ってくれた事に、調子乗りの性格が災いしてか。舌の根も乾かぬ内に「もう気にしていない。マイフレンド」と、どちらが当事者か解らない且つ反省の色が窺えない会話を交わしてみました。その後、早朝から意味不明な大人ポージング大会。ちょうど時間的に理性が目覚める時間だったのもあり、渇いた盛り下がりを見せつつ、仕切り直しにホールドへ――。

二人で狩り出来る時間が40分ほどしかなかったのですが、さすがに早朝ともなると人が全くいなくて快適でした。現状、ホールドは次男WIZオのEQで一撃できるので、一人EQ祭開催してみたりして…EQ楽しいですよね。勿論、その横で避けまくるマスオを見つめ、「まちゅーカッコイイー愛してるー」と危ない呟きをしてみたりするのも忘れません。デフォルトです。標準装備。金利手数料ジャピーーー負担。因みに、友人の所のWIZオは『レビで浮いているだけ祭』をしていました。一度も下へ降りなかったって事は、もしかしてソウル飲みまくりだったのかな…箱破産名人な…げふんげふん。

その後、友人とオルヴォワール。
私は一人、ホールドに残り「15分ほど頑張ろうー」と思い大部屋へとことこ。
すると、突然狩場がどんより重い雰囲気に。「また切断されて落ちるかも!?」とひやひや。普段より回線切断の多さは尋常ではないのですが、この時間でこの重さ…一体何!?と画面の遠い所を見ると――。

「俺のホールドにウェールクォーム」

キメラくん…私たちは以前のように愛し合えない。遅すぎたのよ!もう…ダメなの!って、また出ちゃってました。「メモリの前にグラボ買え」などとテクニカルなお節介助言をしにやってきたに違いない。そんな傲慢なキメラには、マスオのRIP(命中28)をお見舞いしちゃうぞ!と思っただけで、迎え撃とうなんて思いはさらさらありません。最高がマスオLv68…勝ち目などありません。キメラのターゲティングポイントを避けるように、黙々と狩りを続けつつ最初に決めた15分が来たので終了し、とことこ帰路に着きました。

まさかとは思いますが、もしかしてキメラは構ってちゃんなんでしょうか。
これは運命なんだよ。君はそういって微笑った――。

トラックバックは許可されていません。

この記事へのコメント

私もいつか寝坊する日がきっとくる・・・(笑)現に先日夕方4時過ぎに起こしてくれてありがとうでした(爆

しかしキメラの遭遇率高くて驚きです!
1. Posted by ジュワン at June 29, 2006 04:46
ジュワンさん>
本当にごめんなさい。もひもひ。
休みの日は寝溜めしたほうが良いから、夕方4時起きでも良いと思う(笑)。

うん。キメラね。実はね…また会った(遠い目)。
最新記事を参照して下さい。
2. Posted by いばら at June 30, 2006 14:11

コメントする。

絵文字
 
星  顔