June 14, 2006

マスオの『俺に任せな』vol.3

■オーシュ在住・店が解体されましたさん■
マスオさん、こんにちは。
僕はオーシュで銃屋を営んでいます。つい最近、大人の事情で路上へ放り出されてしまったのですが、それ以来お客さんというか…銃を買わずに僕へ抱きついていく人(何故かマスオさんに似た人が多いです)が増えて困っています。「萌え」「身長差たまらん」「ハァハァ」「実装まだー」など聞きなれない言葉を耳にする事もあります。正直、困っているとはいえ、せっかく来てくれた人に対し露骨に嫌な顔をするのも悪い気がして…。どうしたら良いんでしょうか。

■マスオからのお答え■
あああ…「俺は断じてやっていない」







オーシュで銃屋って云えば、一人しか思い浮かばないんだが…まあ良い。君が誰かなんて詮索するのは止めておこう。
その体験。俗に言うセクハラってヤツだな。
相手も冗談のつもりで悪気はないように思うが、君が嫌なら笑っているだけではなく、ちゃんと意思表示をしたほうが良いぜ?君がそっち方面未実装なら尚更だ。しかし、それだけ皆、君を家門に迎えられる日を楽しみにしているんだろうな。





■リボルドウェ在住・君に名乗る名前は無いさん■
君がポーズを取ると良い表情ばかりなのに比べ、どうして私は本来のイメージとは異なる表情になるのだ!?納得がいかない。大体、私はだな…Lvが低い内から瞬時にポータルを開く事も出来る上、Lv60を超えれば空中に浮く事だって出来るのだ。…フッ…空中に浮くのだぞ?羨ましいだろう?悔しかったら、君も空中に浮いてみたまえ。

■マスオからのお答え■
………………

「こんにちは、WIZARDくん」





アポカリプス出したつもりでディスペルマジック出す流れをどうにかしてくれ。話はそれからだな。

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。