June 13, 2006

マスオ、うつ伏せになる

漸くニーリングスタンスがLv16になりました。遂に来た。この日を待っていた。ヘロウ!エクスキューションシューター(ゲーム内の表記ではエグズ〜となっているのですが、どちらが正しいんでしょうか)。

って、一緒にSQ組んでいる友人には迷惑かけっぱなし状態でした。しかし「マスオのニーリング上げに行くよーほれほれー」と率先して狩場へ連れて行ってくれたりしてくれて、本当感激したり……うわああん!愛してるよ!マスオと谷原章介さまの次に!あ、お電話だ。なになに?「アイテム欄のオイルボディの分類は裸」ぷつッ。ツーツーツー。そのまんますぎて失望した。無邪気で素直過ぎるアイテム欄にはがっかりです。

という事で、本日はニーリングスキル・エクスについてです。
Lv16になったのは、ジャケン・シュイバーリエルだったのですが、正直SS撮るとかの余裕がなく近場のリオン平原でSSのみ撮ってきました。

正確には解りませんが、どうやらエクス自体に独自の射程距離があるのでしょうか。自動では少し厳しい感じでしたので、狙い定めたモンスターへ手動ロックオン。タイミングを見計らいキーをぽちっ。
凄い格好なマスオ25歳



























瞬間、な、何かマスオがもそもそしてる!?え、な、何なの!?脱皮!?産卵!?ちょっとそこは公共の場所!ダメ!マスオ!産卵するなら海亀見習って浜辺!いえいえ、マスオは産卵できないできない。無理無理。と、一人ドキをムネムネさせていたら、遂にマスオが待ち望んだ一言を!!!喋ったあああ!と思いましたら…

「避けれるかな?」

おいおい、ちょっと待ってくれよ。キャサリン。いくらなんでも冗談が過ぎやしないか?ジョージはそう云うと、向かい合ったキャサリンを冷ややかに見つめた。って、…そ、それはスタンディングのプリシと一緒なのでは。むむむ。

てっきりスキル毎に違う台詞を言うものだとばかり思っていた物ですから、使いまわされている現実に少し残念な気分。やだやだ(涙)。ですが、もそもそするマスオ見られたので良いかなと納得。もそもそマスオ必見です。妙にかわいいです。未だ、もそもそマスオ見ていない方は是非確認してみて下さい。

何かこんな事ばかりしていましたら、友人が不意に「ニーリング面白そう。私の所でもやってみようかなー」とか言い出して、少し嬉しくなってみたりしています。

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。